カサカサお肌がお悩みのあなたへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
c353e318b59c70141dc0e36c93ffac00

カサカサお肌がお悩みのあなたへ

桜の季節が過ぎて、太陽の光が当たった新緑がキラキラと

輝くような今の季節が、私は大好きです。

 

カラーセラーピーなどでは、色によって気持ちが落ち着いたり安らいだり

することがあるそうですが、私は緑が美しいこの季節になると

ある対策に特に力を入れるように心がけています。

 

それは紫外線対策です。

 

「男のくせにそんなこと気にしてるの?」

 

正直に言いますと、この対策を取り始めてまだ数年目ですが

やるとやらないの差はすごく感じています。

 

紫外線対策については、”男性だから”とか”女性だから”とか

関係ないと個人的には思っています。

 

女性のみなさんどうですか?

 

”いつまでも若々しくて、美しい男性”と

”あっという間に年老いて、汚い男性”と

 

どちらと一緒にいたいですか?わら

 

極端なたとえ話はこの辺までにしまして、

今回のお話の最大のポイントとなる部分である

なぜ紫外線対策がそんなに大切なのかというところを

お話ししていきますね。

 

紫外線には種類があります

では早速、なぜ紫外線対策をする必要があるのかと言いますと

ズバリ肌の乾燥です

 

そんなの知ってますよ・・・。

 

やっぱりね・・・。

 

という、がっかりしたあなたの声が聞こえてきたところで(笑)

紫外線について、少し掘り下げてお話ししていきますね。

 

まず紫外線(UV…ウルトラバイオレット)には、いくつか種類があるのを

ご存知だったでしょうか?

 

UV-A波(長波長UV)シミ・ソバカスの原因で、長時間・長期間浴びると

シワの原因にもなります。

UV-B波(中波長UV)ほてり・赤い腫れの原因で、いわゆるヤケド状態。

UV-C波(短波長UV)皮膚ガンの原因になる強烈なもの。

 

この3つがあります。

 

特にUV-A波とUV-B波は、太陽から地表まで届いてくるもので

私たちはこの二つの紫外線対策が必要になってきます。

※UV-C波は、3つの中で最もエネルギーが高く、私たちの体に対しては

破壊をもたらすほどです。しかし、このUV-C波は他の二つとは違いその

ほとんどが地表まで届くことはないそうです。

 

日焼け止めの正しい選び方

紫外線の中でも、AとBの対策していくことが必要。と

お伝えしましたが、具体的な対策の代表例は、やはり

日焼け止めですよね。

 

日焼け止め、あなたはどのようにお選びでしょうか?

 

「SPF」「PA」この二つの値で、お選びになっているのでは

ないでしょうか?この二つの値はA波とB波を防止する働きを

表すものです。

 

・SPF(サンプロテクトファクター)

UV-B波の防止効果を表す数値です。(時間)

SPF1につき、20分くらい肌本来の働きで紫外線から肌を守れる

という数値になります。

 

ここで考えていただきたいのが、SPFの数値が75とか100の製品です。

SPF1で20分ですから、100ってことは2000分になります。

 

1日は24時間、1440分です。ですからSPFが高ければいいと

いうことではないのはお分かり頂けると思います。

 

・PA

UV-A波の防止効果を表すもので、その効果は3段階に分かれています。

+・・・効果あり

++・・・かなり効果あり

+++・・・非常に効果あり

 

このように分かれています。PA値についてはわかりやすいですね。

 

選ぶ基準としては、この二つの数値をご自身の目的に合わせて

お選び頂ければよろしいです。

 

まとめ

カサカサお肌の原因となる紫外線についてお話ししていきました。

 

日焼け止めを選ぶときの基準となる2つの値についても

改めてご紹介しましたが、何より大事なのことが1つあります。

 

それは”何を使って作られているか”この部分です。

お肌に直接つけるものの中には、鉱物油を使用している

ものが沢山あります。

 

いくらSPF、 PAがいい数値でもそもそもの品質が悪くては

話になりません。もしあなたが紫外線対策を改めて見直そうと

お考えでしたら、安心安全な製品選びからすることがいいかもしれません。

 
メルマガ登録