2016年 11月 の投稿一覧

カロリーが高いからと思って控えちゃダメダメ!!油は美容にも健康にも欠かせないものなんですよ。

img_1609

昔は油を摂るとダイエットの妨げになる、健康面でも悪いとされていましたが、、、

 

いい油を摂ると逆に痩せて行ったり、健康になったりとする効果が期待できるというから驚きですよね!?

実は油は、体を構成する上ではとても重要な働きを行ってくれるもので、細胞や髪や肌、ホルモンの分泌にも深く関わっているのです。

そのため、不足すると髪のパサつきや肌荒れの原因にもなったりするので、恐ろしいのです。今回はその体にいい油について、解説していきます。

 
体に良い油の種類


 
体にいい油はいくつか挙げられます。例えば、飽和脂肪酸やオメガ3などがそうです。これらを習慣的に摂ることが、体の成長を促してくれて、肌のツヤや健康面を手助けしてくれる結果になってくれるのです。そのため、知識を蓄えて正しい油を選択することが重要なのです。
飽和脂肪酸とは?

肉類や乳製品に含まれていること油の種類で、一般的に常温では固形のものが多く、酸化しにくいものと考えられています。しかし、摂りすぎてしまうと悪玉コレステロールが溜まってしまい、動脈硬化などの原因になってしまうので、注意が必要です。

しかし、魚の油などは体の血液をキレイにしてくれる効果が期待できるので、比較的取摂った方がいいとされています。

また飽和脂肪酸の中でも、中鎖脂肪酸といわれているココナッツなどに含まれている成分は、善玉菌を増やしてくれる働きをしてくれるので、ダイエットや健康の手助けをしてくれるのです。
不飽和脂肪酸とは?

不飽和脂肪酸は常温では液体に多く、オリーブオイルなんかを想像するとイメージしやすいかと思います。

一般的に酸化がしやすい成分なので、何度も調理油などで使用を考えていると、体に悪い油に変換してしまうので、注意が必要です。

また不飽和脂肪酸には3つの種類があり、オメガ3(多価不飽和脂肪酸)、オメガ6(多価不飽和脂肪酸)、オメガ9(一価不飽和脂肪酸)がそれに該当します。

特にオメガ3とオメガ6(多価不飽和脂肪酸)は、体内で生成できることのない油なので、食品から摂るしかないといわれているのが特徴的な油です。

 
オメガ3とは?
オメガ3は「DHA」や「EPA」、「α‐リノレン酸」などのことを指していて、青魚やえごま油などに含まれている成分です。

中性脂肪やコレステロール値を抑制してくれる効果が期待でき、血流の流れをキレイに整えてくれます。

また現代人の多くが摂取量が足りないとされている脂肪酸の代表で、本来であれば、1日1~2gほどの摂取が必要とされています。

しかし、魚などを普段から食べない現代人は、ほとんど摂取出来ていないのが現状とされています。一日に一食でも取り入れると、効果が全然違うといいます。
オメガ6とは?

 
オメガ6の代表的なものは「リノール酸」です。特にコーン油、綿実油、ゴマ油などに含まれていて、オメガ3とオメガ6の摂取比率は1:4が望ましいとされています。

必須脂肪酸とされていますが、最近では摂取量が多いとされていて、病気やアレルギーの元とされています。

本来は、オメガ3と同じで、血流の流れを行うのに重要な役割を担っているので、大切な成分なのですが、摂取量が多いあまり、摂ってはいけないようなものの扱いを受けています。

あくまで摂りすぎには注意というだけなので、しっかり毎日摂取しましょう
オメガ9とは?

 
オメガ9の代表的なものは、「オレイン酸」です。主にオリーブオイル、キャノーラ油(なたね油)、紅花油などに含まれているとされています。また飽和脂肪酸の代わりに摂取すると善玉菌を増やしてくれる効果が期待できるというので、積極的摂取していきたいです,

またオメガ3やオメガ6が酸化しやすい特性を持っているのとは反対に、オメガ9は酸化しにくいとされています

そのため、加熱調理などでも酸化せずにしっかり栄養を保ったまま摂取できるといわれています。
実際にどんな油を摂ると体に良いのか?
ここからは体にいい成分が含まれている油を紹介していきます。

これらを摂ることによって、先ほど紹介した必須脂肪酸がしっかり摂取することが出来るので、ダイエットや健康面で活躍してくれることでしょう。体に気を付けている方はぜひ参考にしてみてください。

 

バージンココナッツオイル

img_1611

今回イチオシの油はバージンココナッツオイルです。
飽和脂肪酸が含まれていて、善玉菌を増やす効果が期待出来ます。

また中鎖脂肪酸から合成されるケトン体という成分も含まれていて、体脂肪を燃やしてくれる働きもあるんです。

またココナッツオイルの1日の摂取量は大さじ2杯(30ml)程度が適量といわれています。

そうしないと、油なのでカロリーが高いことから逆に太ってしまう可能性もあります。ちなみにバージンココナッツオイルは自然界の中で最も中鎖脂肪酸が含まれいるといわれています。
ライスオイル

 

ライスオイルは「米油」とも呼ばれていて、その名前の通り米ぬかかを原料としています。主な脂肪酸組成はオレイン酸、リノール酸、パルミチン酸が含まれていて、空気や熱に対しての安定性が高いのが特徴です。

そのため、加熱用の油として使用されることも多いとか。

またライスオイルは低刺激性と保湿性に優れていることが分かっていて、アトピーや乾燥肌にも効果があると研究されています。

そのため、化粧水の一種として使用している方もいるそうです。実際にすべすべになると実証されていることもあるので、期待出来ます
亜麻仁油
亜麻仁油(あまにゆ)とは、亜麻の種から摂れる成分で必須脂肪酸であるオメガ3が含まれています。食べる美容液ともいわれるほど、美容にも効果があるとされていて、芸能人の方も多く愛用されていると聞きます。

昔はインクなどの材料として使われていたのですが、最近は食用として活躍しています。

食物繊維も豊富で、強い抗酸化効果のあるリグナンが含まれていることも美容に効く秘密だといいます。

熱に弱い性質があるので、加熱はせずに大さじ一杯分くらいを一日摂るようにしましょう。

それ以上はカロリーが高いので注意しましょう。ドレッシングなどにして食べるのがおすすめです。
えごま油
えごま油は、オメガ3が含まれていて、血流の流れや美肌効果を促してくれるといいます。また飲酒していな方が脂肪肝になってしまうケースの治療としてもすすめられていて、健康効果が絶大だと話題になったこともあります。

テレビでもよく取り上げられている油です。

また認知症予防にも効果が期待できるということも聞かれるので、人気が急上昇しました。

年々脳の細胞が死んでしまうことによって起こる認知症。その脳細胞にいい働きを促し、脳細胞を気づけないようにしてくれるというからぜひ摂取しておきたい油です
オリーブオイル
オリーブオイルに含まれるオメガ9の影響で、コレステロールが下がったり、ダイエットに効果が期待できるといわれています。サプリや調味油としても使用されることから、知名度の高い健康油といえるかもしれません,

また高い抗酸化能力があるので、加熱にも強いので使い勝手もいいとされています。実際にダイエットのために、大さじ2杯ほどを毎日飲んでいるという方もいるくらいです。

しかし、ヘルシーなイメージなオリーブオイルですが、あくまで油なので、摂りすぎると太ってしまうことは忘れないでおきましょう。

そして、オリーブオイルを摂取することで、血流の流れがよくなるので、コレステロールの値がよくなったり、便秘の改善にも役立てることが出来るのです。

なので、日ごろの調理油にしようするだけで、美味しく健康になれるというわけなので、一度実践してみる価値はありそうです,

 
どのようにして摂るのがいいのか考えてみました!!

 
油を摂る時に注意しないといけないのが、その油の特性です。中には酸化しやく栄養が損なわれてしまうものもあるので、加熱する時には気をつけましょう。

普通の食事で摂取できればいいですが、含まれている栄養素が少ないので、色々工夫して毎日摂取していきせっかくのいい油なので、酸化してしまってはもったいないです,

なので、油の特性を理解して向いている調理法を工夫して見極めていきましょう。例えば、

オメガ9は加熱用として有効に使えるので、オリーブオイルは炒め物などに利用して摂ったりするようにすれば、効率的に摂取できます。

しかし、オメガ3と6は酸化しやすい特性があるので、ドレッシングにしたり、生で食べたりすることで栄養素を損なわずに摂取できます。魚などは刺身の方が健康にいいとされるのはそのためですね。調理の仕方を間違えずに正しく摂取していきましょう。

 

バラエティ豊かなメニューを考えて摂りましょう!!
いい油を摂取するためにも同じような食事をすることが一番早いのですが、毎回同じでは飽きがきてしまいます。

そのため、メニューをバラエティ豊かにして、食べることを楽しくさせることが長続きのコツといえるでしょう。

またどうせ食べるのであれば、体にいい油には、体にいい食べ物を合わせて作るとさらに健康面でもプラスに働いてくれます。

魚を焼くときにオリーブオイルで焼くようにするなど、工夫次第で健康な体は作られていくので、色々考えていきましょう。

 
魚は新鮮なうちに食べると良い!!

img_1614

 

魚に含まれているDHAやEPAは酸化しやすい特性があります。そのため、魚は新鮮なうちに食べたほうが、栄養素が詰まっていて、健康になれます。

特に加熱すると酸化してしまうオメガ3なので、刺身やお寿司で生のまま摂取した方が効率がいいんです。

また焼き魚にするにしても、魚の油はしっかり摂るようにしたり、買ってきてすぐに調理するようにした方が体には優しい効果が期待できるといいます。

栄養素をくまなく摂取したいのであれば、魚を調理する方法もひと工夫が重要です。

 

 

オリーブオイルを活用する

 

img_1610

ダイエットや健康のためにも揚げ物は禁物ですよね。でも我慢していると余計に食べたくなって、気持ちを抑えている方が健康にはよくないといわれています。

そのため、揚げ物を作る時に使用する油をオリーブオイルに変更するとヘルシーに仕上がります。

味的にもしっかり味付けを行っていれば、損なわれることもありませんし、健康な油で体内からキレイになれる効果が期待できるのもうれしいポイントです。

食べたいものがある時は、いい油を使用して出来るだけ健康的に暮らせるようにしていきましょう。

 
マーガリンではなくバターを使う

 

パンにつけると美味しいマーガリンですが、実は悪い油が入っているとされて、健康面であまりよくないのが特徴です。

使用されている油は植物性・動物性の油脂で、トランス脂肪酸に変換して、体に悪い影響を及ぼす可能性があるのです。

しかし、バターであれば、原料が乳製品で牛乳から作られることから体にはいいんです。同じような味で似たような用途で使用されるマーガリンとバターですが、健康面で考えるとここまで差があるので、今後使用する時には参考にしてみてください。

トランス脂肪酸は、マーガリンを作る時に使用する水素添加によって生まれます。

 

過剰に摂取するとアトピーやアレルギーの原因になってしまうこともあるとされます。

また血液もドロドロになってしまい、動脈硬化の原因になる恐れもあるので、出来るだけ摂取は控えるように心がけた方が健康面やダイエットにもいい影響を及ぼすでしょう。
まとめ

 

体にいい油には、さまざまな有効成分が含まれていることがよくわかりましたか!?img_1612

体のためにも油は必要だということを再認識させられました。

実際に多くの医療でも、いい油を取り入れて治療にあたっている機関もあるくらいなので、体に対していい効果が期待できることが実証されているんです。

また特性によって、意味のある摂取の仕方と効果が薄くなってしまう摂取の仕方が理解できたのも大きいことかと思います。

酸化しやすいオメガ3やオメガ6には、加熱してしまうと栄養素が損なわれるので、ひと工夫して摂取することを心がけることをおすすめします。

オメガ9は加熱用として、使用すると効率よく摂取できるのもうれしい情報です。

こういったものを正しい方法で体内にいれることで、日常の健康面が保たれるのです。今後はこの情報を参考に、一度油に対して改めて考えてみてください。きっと自分に合う方法で体にいい油を摂取することができるでしよう。

身体にはいろんな〇〇が存在する

myofascial

身体って本当に面白いですよね。

不思議で、いまだ解明されていないことがたくさんあります。

今回は、身体の中に存在する「膜」についてお話ししていきます。

膜とは

身体には多数の膜というものが存在し、

いろんな臓器や骨や筋肉などを包んでいます。

脳を包んでいるものは、硬膜・くも膜・軟膜と3層になっています。

筋肉を包んでいるものは、筋膜。

これは最近、筋膜リリースという言葉がはやっているので聞き慣れていますかね。

また、骨を包んでいるのが骨膜。

呼吸を助けているのが横隔膜。

耳で音を伝えるために必要な鼓膜。

脊髄といわれる神経を包んでいるのが髄膜。

虫垂炎(いわゆる盲腸)でひどい人が起こる腹膜炎、の腹膜。

胃腸などの表面にある粘膜

眼に存在する角膜

ぱっと思いつく膜を挙げてみましたが、こんなにもあります。

そしてそれぞれ働きが違ったり、質が違ったりします。

全身膜同士でつながっている

そんな膜ですが、すべてつながっています。

わかりやすい例で説明しますと、筋肉の両端は、骨に付着します。

そして筋肉は筋膜でくるまれており、骨は骨膜でくるまれています。

なので、筋肉と骨が直接つながっているというより、膜同士でつながっているのです。

オステオパシーという治療法がありますが、この方たちは、こういったつながりで治療していきます。

私は直接見てはいないですが、足の骨折の痛みを、遠隔の首・頭部を触り、消失させることができるというのです。

これは、ベテランの先生の領域だとできるのですが、普通にはできません。

でも身体は膜同士で全身つながっていると思えば、100%ありえない話ではなくなりますよね?

私も勉強する前は絶対にありえないと思ってましたが、勉強するにつれてわかるようになってきました。

膜にアプローチする最善の方法

この膜を緩ませたり、アプローチするには鍼治療が一番適していると私は思います。

マッサージなどでは、皮膚表面からの刺激になるので、直接膜に触れることはできません。

(一部可能なところはありますが、治療に適していません)

そんな鍼治療をしてくれる院を探してみるのもいいかもしれませんね!

脳ミソまで筋肉なあなたへ

lgf01a201403150700

 

たまに耳にする言葉に「あの人は脳ミソまで筋肉だから・・・」というのがあります。

「だから」の後に何が続くんだ!と聞きたくなりますが、似たような言葉に「君は脳ミソまで筋肉なの?」「筋肉ばかりでなく頭も鍛えようよ」などのヴァリエーションがある所から考えて、あまり良い意味では無さそうです。

どうやら「身体ばかり動かしているせいで、頭の働きはおろそか」という意味らしいです。

はたして本当にそうでしょうか?

 


 

散歩の不思議

 

散歩しているとアイデアが閃く、という方は多いと思います。

自分自身、うーんうーんと頭をひねって考えている時よりも、何かの用事で歩いている時や、運動した後にぱっとアイデアが閃くことが多いです。

一日家にとじ込もって考えてみた事が、わずか一時間の散歩中に思い付いたアイデアに覆されたりして、悔しいような複雑な気分になります。

脳ミソまで筋肉にしようと運動しているつもりなのに、どういうことでしょうか。プロテインが足りないのでしょうか。

最近の研究で、その原理がある程度判明してきました。


 

運動で頭がすっきりする理由とは?

 

その可能性として、運動というストレスが脳内でベータ・エンドルフィンなど麻酔作用を有する物質を生成するためと考えられていました。

研究が進んで、最近では脳内のセロトニン作動性ニューロンという神経の働きも関与していることが分かってきています。

心の働きに関与する神経として

・ドパミン作動ニューロン
・ノルアドレナリン作動ニューロン
・セロトニン作動ニューロン

三種類があります。それぞれ脳内で電気信号のやり取りをしていて、心の働きをコントロールしています。

ドパミン作動性ニューロンが働くとうつ状態などのネガティブな方向へ気持ちが傾きます。

ノルアドレナリン作動性ニューロンが働くとパニックや情動(≒キレる)などの方向へと気持ちが傾きます。

セロトニン作動性ニューロンはそれらの中間、中立的覚醒状態へ気持ちを傾けます。

これが冷静沈着、落ち着いた心持ちでいるために必要な神経なのです。

わざと薬でセロトニン作動性ニューロンを抑えると、パニックとうつを行ったり来たりし、滅茶苦茶な状態になってしまうことがわかっています。

つまり、クリアな思考で切れ味鋭い頭脳を持つためにセロトニン作動性ニューロンを働かせれば良いわけです。

 


 

セロトニン作動性ニューロンを活発に働かせるために重要な2つのポイント

 

それは、「リズム」と「身体の動き」の連動です。

冒頭の散歩は、まさにこれです。リズミカルな軽度の全身運動のことです。

例えばヨガの呼吸はどうでしょうか。

ヨガにおける身体の動きは、一分間に4~5回の腹式呼吸をすることです。すなわち横隔膜や腹横筋や骨盤底群などを用いた、ゆっくりとリズミカルな運動なのです。これも効果的です。

同様に座禅や各種瞑想などもこれに近いと思われます。

いずれも脳波をチェックすると、セロトニン作動性ニューロンが優位に働いている波形が観察できます。

 


祝!筋トレの勝利!

そして意外に思われるかも知れませんが、ベンチプレスアームカールスクワットなどのいわゆる筋トレも実はその典型例なのです。

リズミカルなウエイトの動きを自ら作り出し、さらには呼吸との連動も大切にする。まさにリズムと運動です。

ビジネスマンの方々で朝、出勤前にジムへ行き筋トレをしているという人も多いです。そういう方々と話をしてみると、皆きびきびとしていて仕事が出来そうな雰囲気があります。オーラがある、とでも言えるかもしれません。

自分自身、最近頭が冴えないなあと感じる時は運動不足であることも多いです。頭脳が冴え渡ると気分も良いですし仕事がはかどります。

 


そして伝説へ・・・。

もうお分かりですね。身体ばかり鍛えて頭がオロソカになる、はありえないのです!

むしろ身体を動かさずに頭ばかり使っている方が、心のバランスが低下して思考力や発想力が鈍っているかもしれません。

お手玉をすることでも同じような効果があることが分かっているので、ご自身に合った運動を探してみるのも良いと思います。

 


まとめ

・散歩などで心が晴れやかになるのは科学的に一部解明されていること
・リズムと運動とのコラボレーションが最適なこと
・ヨガ、散歩、筋トレなどがオススメであること

 

 
心も身体も健康的な生活を送りましょう!

 

豪速球を投げるには腕を振ってはならない

1306119263-480x3691

誰もが一度は憧れるポジション

野球は、2チームが試合をして得点の数を競う

200年近く前からあるスポーツです。

 

この歴史あるスポーツの花形ポジションといえば、やはり

ピッチャーですよね。ピッチャーは試合の中で、一番多く

ボールに触るわけですし、誰も打つことができないボールを

投げることができれば、野球の試合で負けることは、ほぼ

無くなります。

 

それだけ重要なポジションなわけですから、育成にもより

力が入るところです。

 

いろんな指導法がある中でも、共通して出てくるワードが

いくつかあります。

 

例えば

・下半身を使って投げる

・ピッチャーは特に走り込みが重要

・強く腕を振って投げる

・肘が下がらないように上から投げる

 

この辺のワードは、本当によく聞きます。

 

どのワードにしても、間違っているわけではありませんが

捉え方を間違えると、良からぬ方向に行きかねないことが

あります。

 

これらのワードが本当に意味することをしっかり理解して

レベルアップにつなげていきましょう。

 

腕の振りの必要性

いくつかある”野球指導の中でよく聞くワード”の中から

今回は『腕の振り』についてお話ししていきたいと思います。

 

まず、なぜ腕の振りが重要視されるかと言いますと

野球は腕を使ってボールを投げるスポーツだからです。

 

投げる側の腕が強く・早く振られれば、そこで生み出された

力がボールに伝わり、バッターが打つことが難しくなるボールが

投げられるようになります。

 

ですので、強くて早い腕の振りが必要なのです。

 

腕の振りの落とし穴

必要性がわかれば、次は練習をしていくわけですが

”腕を振る”という言葉をそのまま解釈してしまうと

 

『腕を強く早く振るんだから、腕を鍛えればいいんだな!

よし!!今日から腕立て伏せ100回やって、腕を振る

練習だ』

 

と考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

ここに”腕の振りの落とし穴”があります。

 

なぜ落とし穴なのか?

 

ここで、試していただきたいことがあります。

 

1、腕の振り50%くらいの力で、今まで通りの

投球動作で投げる

2、腕の振り100%の力で、投球方向に対して

体を正対させた姿勢で投げる

 

この2つを交互に行って、どちらが強くて早いボールが

投げられるか比較してみてください。

 

結果には、大きな差が出ると思います。

 

腕の振りは腕で作り出すものではない

1と2で、どちらが強くて早いボールが投げられるかといえば

当然1の方です。

 

つまり、腕自体を強く振ることが、投げる時に必要な腕の振り

ではないということなんです。

 

強くて早い腕の振りは、体幹部の動き(重心の移動と体を回す

動き)で作るパワーによって生み出されるのです。

 

考えてみてください。利き腕1本で作るパワーと

体重と体幹部の筋力でつくるパワーはどちらが大きいかを。

まとめ

”腕を振って投げましょう”と言われれば、腕そのものを強く

振りたくなってしまいます。しかし腕をいくら強く振ったと

しても、大きなパワーは生まれません。

 

ピッチャーが目指すのは、バッターに打たせないボールを

投げること。

 

夢のような豪速球に近づくには、強くて早い腕の振りを

作り出す体幹部を鍛えることをお勧めします。

 

体幹部のトレーニング・ケアまでサポートする治療院なら

 

 

目の疲れ溜めたままにしていませんか??楽になる方法が見つかるかも

img_1601

 

目の疲れは、多くの人が経験したことがあると思います。
この疲れを何とかしたい!と思っていろいろやってみたけれど疲れが治らない、という人もいるのではないでしょうか?

身近な症状の一つである「目の疲れ」ですが、その原因をしっかりと理解できている人は実は意外に少ないのです。

疲れ対策としてはいろいろな方法がありますが、根本的な原因を改善しない限り一時しのぎにしかなりません。
目の疲れを解消するには、まずは目の疲れの原因を知ることがとても大切なのです。

 

目の疲れには2種類ある
目の疲れといえば、思い浮かぶ言葉は「眼精疲労」ですよね。ですが、医学的には、目の疲れは2種類に分けられます。

目の疲れの中でも、睡眠や目を休めることで疲れがとれて回復するものは「眼疲労」、

休めても疲れがとれない・また重い疲れた感じだけではなく眼の痛みやかすみ感・頭痛などその他の症状があるものを「眼精疲労」といいます。

 

目の疲れの原因その①~目に関する原因~

 

 

眼が疲れる原因として最も多い要因は、近視・遠視・乱視・老眼などの矯正不良です。

眼鏡やコンタクトを強く合わせすぎている(過矯正)場合や、遠視や老眼のメガネの矯正不足など、適切な視力矯正が行われていない場合は、目が自分でピント調節をして頑張って見ようと働き筋肉を緊張させます。そうすると、目の疲れという症状として表れてくるのです。
右と左で視力の左右差がありすぎることも眼精疲労の原因となります。近視・遠視・乱視・老眼などのメガネやコンタクトは、しっかりと検査をして、自分の目に最適な度数に合わせてもらいしょう。
また、度数が合っているかを確認するため、定期的な検査を受けることもおすすめします。

 

特に老眼は、40代から60歳頃までの間に進行するので、定期的な度数の調整が必要です。

また、その他の目の疾患としては、斜位や斜視などの目の位置の異常、緑内障、白内障、眼瞼下垂などが挙げられます。さらに、近年コンタクトレンズやパソコンを使用している人の増加とともにドライアイが増えており、これも眼精疲労の原因です。

 

目の疲れ原因その②~環境に関する原因~

 

インターネットが普及した現代、私達の身近には、パソコンやスマートフォンなど、目を酷使する機器がたくさんあります。
当然ながら、そういったものを長時間使い続けると目は疲れてしまいます。この他にも部屋の明るさや作業距離・エアコンなどによる乾燥など、様々な環境が疲れ目の原因となるケースがあるのです。

また、ストレスは万病のもととも呼ばれているぐらい、心理面だけではなく体にも不調を及ぼします。ストレスが多い環境なども、疲れ目の原因となると言われています。

 

目の疲れ原因その③~病気が原因~

 

 

自立神経失調、更年期障害、耳や歯の異常、脳の異常、循環器系や消化器系の疾患でも眼精疲労が起きることがあります。

疲れ目の症状
目の疲れといっても、実に様々な症状を引き起こします。
目が重い・目の奥が痛い・充血・かすみ・乾燥感しょぼしょぼする・頭痛・吐き気・肩こりなど、目だけではなく体への症状も表れてくるのです。
十分な睡眠をとるなど、目を休めてあげることで症状が和らぐ場合は問題ないのですが、なかなか症状が取れない場合には一度眼科を受診してみてください。

 

 

目の疲れを溜めないためには…?

 

 

目の体操をする〜

img_1604

①クルクル体操 
【 パソコンを使ったお仕事や品質管理など目を酷使するお仕事の人へ 】

(1) 一度目をギュッと閉じて、パッと開ける
(2) 頭を動かさない様に、黒目を右へ
(3) 同じ様に左へ黒目を動かす
(4) 次に上へ動かす
(5) 最後に下へ動かして、(1)へ戻る

一点を見つづける作業の後は、近いところにピントを合わせ続ける事で、毛様体が(ピント調節する部分)疲れています。目玉をクルクルまわして、こりをほぐしましょう。
パソコンを使った職業の方など、30分に一度休憩をとって、2~3回クルクル体操をしましょう。

②ギュッパッ体操 
【 老眼予防に効果的な体操 】
(1) 一度目をギュッと閉じて、パッと開ける
(2) 頭を動かさない様に、黒目をグルーッと
回す感じで、八方を見る。
(3) これを1~2分繰り返す

毎日ギュッパッ体操をしていると、凝り固まった毛様体筋をほぐし、老眼になるのを遅らせる事ができるらしいです。いつでもできるので、忘れず続けましょう。

 

③パチパチ体操 
【 パソコン、携帯など一点を凝視して疲れ目になりやすい人に 】
(1) まず、温パックをして、目を温めて血行
を良くしておきましょう。
(2) 好きな音楽をかけましょう
(3) 目をパチパチと音楽にあわせて、開い
たり閉じたりします。
(4) 音楽が一曲終るまで繰り返します。
(5) 終ったら目を閉じてしばらく目を休ませ
ます。

 

④ピント合わせ体操
【 毛様体をリラックス!
仕事の合間に疲れ目防止の体操です 】
(1) 近くのものを10秒~20秒見つめる
(2) 次に、なるべく遠くの物に目を移し5分
間、ぼんやりと眺める。
(3) これを数回繰り返してください。

パソコン操作が長い方などは、近い位置に常にピントを合わせている状態ですので、一日数回ピント合わせ体操をすることで、気分もリフレッシュできますよ。

 
顔のマッサージをする〜

img_1602

 

ツボは、顔に左右対称に存在します。仕事中や、通勤途中など、いつでも出来る疲れ目解消法してください。目の周りには沢山の疲れ目に効くツボがあります。おさえるとツーンとした痛みがあるのでやりすぎに注意して行いましょう。

 

目の疲れには首肩コリと肩甲間部のパンパンコリ固まってるほとんど〜

疲れ目がある時は、肩や首のこり、頭痛もいっしょにある場合が多いですね。
これに加え、経験上では肩甲間部がこり固まっている人がほとんどです。
肩、首のうしろ、頭頂部などをマッサージして、肘を大きく回して肩甲骨を動かして血流を良くしましょう、
慢性的な目の疲れには〜

やはり自力ではその場しのぎはなんとかできますが、忙しさや環境が変わらない限りその疲労はどんどん溜まっていってしまうのです。

そして、自力ではどうしても取りきれなくなってしまったら、やはり目の疲れや首肩のコリ、そして肩甲間部のコリを取り除き血流を良くしてあげるために専門家の治療を受ける事が必要になってきます。

血流改善するのに効果的な治療は〜

マッサージなども有効ですが、どうしても深部のコリなどを取り除く事が難しく、
またすぐにコリが戻ってしまう事も多いと思います。

その点、
鍼灸の治療は、深い場所のコリにもピンポイントで刺激が届くとともに、
鍼灸は自律神経や免疫機能の改善もたいへん効果あるので、目の疲れ、コリだけでなく身体全体の疲れと睡眠の質も上がり自己治癒能力も高まります。

身体は常に無意識のうちに、バランスを上手に取ってるので、
身体全体の状態をしっかりと診てくれて、治療してもらえる鍼灸の先生に相談してみる事が解決策としては最善かもしれません

 

 

目の疲れは現代病と言われるくらい誰もがなりえる状態です。

とくにここ最近パソコン画面やライトなどのLED化、スマートフォンの普及により眼科に受診される方も増えてきているそうです。

 

しかし実際問題使わない訳にはいかないので、目の体操やマッサージ、軽い全身運動、定期的に鍼灸の治療を受けるなどして疲れを溜め過ぎないように予防する事が最善だと思います。

 

 

 

おイタいのが、お好き?

gf01a201503022200

 

 

  • マッサージはイタ気持ちいいのが好きだ。
  • ストレッチもイタ気持ちいいのが好きだ。
  • イタ気持ちいいから、効果がある

 

こう思っているあなた。

そう、あなたです。

実はイタ気持ちいいのは注意が必要だって知っていましたか?

 


そもそも痛みって何でしょう。

身体が、外部あるいは内部からの刺激により、怪我をしたり生命がおびやかされたりするのを防ぐための警報ですよね。

つまり、これ以上は怪我をしますよ!といった身体が発している警報です。

これを喜んで欲しがっているわけですから、不思議ですよね。

人間だけが持っている感覚なんだと私は思っています。(誰か動物さん達に聞いてきて下さい~)

 


 

イタ気持ちいいの原理

 

凝り固まった筋肉は血流が悪くなっています。

血流の悪さは痛みを呼びます。

そこを強く押すと、圧迫のためその血流は一時的にさらに悪くなり痛みが発生します。(イタ)

ここで指を離した際の、瞬間的な血流の回復を「快感」と感じるようです。(気持ちいい)

合わせるとイタ気持ちいい、の出来上がりです。

ですから正確には「イタい」のがそのまま純粋に気持ちいいわけではなく、その後にやって来る気持ち良さを「想像しての気持ち良さ」というわけです。

このように分離して考えると、必ずしもイタいのは必要ないのがお分かりいただけると思います。

 


でも・・・

 

必ずある反論として「でもイタい方が楽になるから、ほぐれるから」というのがあります。

これは実は医学的には「痛みへの閾値(いきち)が上がっている」状態といえます。

痛みを感じにくくなっている、簡単にいうと「マヒしている」ということです。

閾値を狙って上げる治療ならともかく、痛み刺激を強く加えることでマヒさせるのは当然オススメできません。組織が壊れてしまいます。

ほぐれるのも、本当に柔らかくなっているというよりも単に筋肉の繊維が傷ついているだけという場合も多いので要注意です。

 


まとめ

 

身体が本来持っている警報である、痛み。これをあまりにも無視するのはオススメできません。

良くするつもりが身体を傷つけてしまいます。私は患者さんにはいつもこう説明しています。

「痛いと気持ちいいの割合が、2:8までは、まあOKですよ。3:7までいったらやり過ぎです」と。

マッサージなどを受ける際の一つの目安にしてみてはいかがでしょうか。

傷ついた筋繊維は、やがて硬くなります。

すると前よりも刺激が強くないと感じなくなり、もっと強い刺激を、もっともっと強い刺激を・・・!という危険なスパイラルに陥りますので、皆様お気をつけくださいませ。

 

野球が上手くなるコツ

baseball08_270

少年野球を見ていると、野球がうまくなりたい少年少女が多くいることがわかる。

今日は野球がうまくなるコツについて解説をしていきます。

現役時代は私もそれなりに上手かったですし、今では体のプロとして、

多くの人の体を変化させているので、大抵のことは対応出来ます。

プロに行かせる方法はわかりませんが、甲子園で活躍出来るレベルであれば

お伝えすることは可能です。

野球がうまい人には何が求められるか?

野球は体の使い方が求められるスポーツです。

ボールを投げたり、バットを振ったり、

ベース間を走って、速い打球をグローブで捕球をしたり、

さまざまな動きが苦に合わさる、難易度が高いスポーツに分類されます。

単純な動きが少ない分、色々な動作の滑らかさや、力の伝え方が求められます。

つまり筋肉バカになっても、

140キロが投げられる訳でもないですし、

ホームランがたくさん打てる訳ではありません。

様々な動きを連動させてトレーニングをする必要があります。

早稲田実業の清宮君が最高の例

お父さんは有名なラグビーの選手、清宮君も最近までラグビーと野球両方をやっていました。

『ラグビーでは日本では敵がいなくなってしまうから野球を選ばせた。

野球なら息子より上手いやつがいっぱいいる。』

清宮パパが言っていましたが、世界を見ている人は違います。

プロには間違いなく行くでしょうし、メジャーリーグを意識しているので、

打者として非常に将来が楽しみでもあります。

 

体のプロからの目線としては、

まずは、体の大きさです。

高校一年生の時からとにかく大きい。

ラグビーで培った強靭な肉体と、スピードもある。

パワーまでは想像をしていたのですが、

バッティングのしなやかさが最もな特徴でもあります。

あそこまで軽々スイングをしてスタンドに入れる高校生スラッガーは数えるほどです。

わたしでさえ、改心の当たりがやっとこさスタンドに入る位ですので、悲しくなってきます。

ホームランを打てる選手は一握り

強豪校と言われるチームでも、ホームランを打てる選手は限られています。

現役生活で一度も打ったことがない人の方が多いです。

高校野球では最低でも95メートル以上飛ばさないといけないですし、

球場の深い部分に入れようとすると、120メートル以上を飛ばさないといけません。

王貞治さんや落合さんも言っていますが、

ホームランに関してはセンスが必要だと言っています。

どれだけ練習をしても、ホームランは打てない選手が存在することを理解するといいです。

ホームランが打てないといけないのか?

そんなことはありません。

野球ではヒットさえ打てれば大活躍出来ます。

イチロー選手のように足を活かして、バッティングスタイルを変えた選手もいます。

ご存知ない方もいると思いますが、

イチロー選手はホームラン競争などをするとチームでも上位に入る実力があります。

それでも試合に勝つ為に、ホームランよりも確立の高いヒットを狙っていますので、

末恐ろしいい選手です。

彼がホームランを打っているときは、確実に狙って打っています。

ヒットの延長がホームランではないのです。

小学生時代は色々やってほしい

話が少し脱線しましたが、野球にはさまざまな能力が必要だと言うことを理解して欲しいです。

特に小学生時代に関しては、

『野球しかやっていない』

これは致命傷になります。

野球に必要なスキルは身につきますが、

体の使い方が下手な選手になってしまいます。

ものすごく野球の知識はあるけれど、野球がヘタクソ。

頭でっかちの眼鏡をかけた野球少年に多いです。

本当に野球がうまくなりたいのであれば、

色々なスポーツをやらせて欲しいです。

サッカーでも、陸上でも、水泳でも、

何でもいいです。

色々な競技から様々な動きを学んでほしいです。

小学生に上がったと同時に競技を一つに絞る親が多いですが、

これはやめて欲しいです。

その競技以外の動きに弱くなって、

色々な動きを習得している選手に勝つことが出来なくなってしまいます。

山本キッドのお父さんも言ってた!

レスリングの山本姉妹、真ん中のキッドを育てたお父さんが言ってました。

9歳までは色んなことをやらせるのがイイ!

運動神経は3歳まで・・・とかいう都市伝説がありますが、

そんな早い訳ありません。私の感覚値や仲間をみても、

10歳まで色々な体の動きをしていた人は運動が出来ています。

是非、10歳前後までは、色々な競技にチャレンジさせて欲しいです。

その後の小学校高学年や中学生から競技を絞っていっても決して遅くはありません。

高いポテンシャルが身についていれば、驚くほど上達が早いですので、

10歳までは色々な競技で高いポテンシャルを身につけてもらえればいいと思います。

 

納得!こむら返りの原因とその対処法

image6

こむら返りと言われると、「ふくらはぎがつった」と想像できると思いますが、

なぜふくらはぎがつることをこむら返りというかご存知ですか?

ふくらはぎは、こむらとは言わないし、なぜなんだろうと昔

疑問に思っていたことがあります。

ふくら返りでいいじゃんと。

そんなこむら返りですが、その原因と対処法をお伝えしていきますね。

 

まず、「こむら=腓」と書くようです。

ふくらはぎには、腓腹筋とヒラメ筋があります。

その腓腹筋に「腓」という漢字がはいっています。

なので、こむら返りというようです。

納得するようなしないような。

これはこういうものなんだなと心の深くにしまっておいて。。

 

こむら返りの原因

原因はいくつかあります。

①筋疲労

筋肉が疲労すると、神経伝達がうまくいかなかったり、筋肉が興奮状態にあり、ささいな少しの刺激でも筋肉が反応し、勝手に収縮してしまいます。

これが連続で起こるとギュッと硬くなりつってしまいます。

単発だと、目が痙攣するみたいに、ふくらはぎもぴくぴくなります。

②電解質不足(脱水)

筋肉を収縮するために、ナトリウムイオン・カリウムイオン・カルシウムイオンなどとよばれる電解質が必要です。

これが、運動したり、真夏や入浴で汗によって体外に排出されたりしまうので、体内の電解質が減ってしまいます。

そうすると、神経が勝手に興奮してしまい、筋肉を収縮させます。

③冷え

神経は、冷えると過敏になってしまいます。

寒いときに痛みが出やすいのはこの原因もあります。(血流不足もありますが。。)

なので、明け方に足を出して寝ていると冷えてつりやすくなってしまいます。

また、明け方になると身体の水分が睡眠中に汗で排出されますので電解質不足にもなり、ダブルパンチでつりやすいのです。

④その他(神経・血流不全)

ヘルニアなどの神経に異常をきたす疾患や、血管系が悪いと循環が悪く、筋肉や神経に栄養がいかないため、つってしまうこともあります。

この中で、①、②、③が大半を占めます。

 

対処法

①の筋疲労は、入浴やストレッチなどで、筋肉をしっかりとケアしてあげてください。

②に関しては、水分をしっかりとること。

これは水だけでは電解質が足りなかったりするものもありますので、スポーツドリンクを飲んでください。

スポーツドリンクの飲みすぎだと糖尿病になってしまいますので、運動してない方は飲みすぎに注意が必要です。

③に関しては、単純に冷やさないことです。

冷えないように、寝てるときに靴下をはいて寝る方がいます。

これは寝はじめはいいですが、その後汗をかいて逆にそれが原因で冷えてしまいます。

個人的には三陰交と呼ばれるツボ(内くるぶしより5cmくらい上)を刺激すると冷えがとれたりするケースがあります。

そこに米粒をはっておくとツボ刺激になります。

それでも冷える方は、足の指の間に手をはさんでギュッとにぎったり、ゆるめたりを繰り返すと血流が良くなりやすくなります。

④に関しては、自分で対処できるものではないので、病院への受診をおすすめいたします。

 

まとめ

こむら返りは、入浴、ストレッチをし、しっかり電解質を摂る。

また、ツボ刺激をすることで改善しやすくなります。

ぜひ、試してみてくださいね!

骨盤の歪みとは一体なに?

pelvisfemale_ante

骨盤が歪んでいると気にされている方が多くいますが、

骨盤の歪みは2種類あるのをご存知ですか?

それは、「骨盤内の歪み」「骨盤外の歪み」です。

今回は、その説明を簡単ではありますが、お伝えしていきますね。

 

骨盤内の歪みとは何か

骨盤とは、真ん中にある「仙骨」とその左右にある「寛骨」からなります。

仙骨と寛骨が接する部分を、「仙腸関節」といい、

左右の寛骨が接する部分を、「恥骨結合」といいます。

この仙腸関節と、恥骨結合の部分がずれてしまうことがあり、

それを、「骨盤内の歪み」といいます。

お医者さん的にはこの関節はくっついていて不動の関節と呼ばれています。

ですが、整体などのカイロプラクターは動くと言われています。

関節を調整すると痛みが取れるケースもありますので、動くのではないかと私は思います。

お医者さんなどの方たちは、ご献体様を解剖してみています。

ですが、動かないと言うんです。

それはそうですよね。

周りの筋肉などの組織が死後硬直によって固まってしまった状態でみますので。

私たち治療家は、生きた人を診ています。その状態で関節に手を当てると動きます。

関節に直接触れないので100%とは言えませんが、動いているのです。

さて、次は骨盤外についてお話ししていきます。

 

骨盤外の歪みとは何か

 

骨盤は仙骨、寛骨からなると先ほどお伝えしました。

この一塊のものがずれることがあります。

これを、「骨盤外の歪み」といいます。

骨盤には、たくさんの筋肉が付着しており、その筋肉の緊張が高まると引っ張られて歪んでいきます。

骨盤の挙上・下制について

腰方形筋が収縮すれば、骨盤の上側に付くので骨盤を持ち上げます。

腰方形筋の筋緊張に左右差があれば、骨盤の引っ張る力が変わりますので、骨盤の左右の高さが変わってきます。

また、骨盤の下部に付着する、大腿四頭筋や大腿筋膜張筋、ハムストリングス、中殿筋などが収縮すると下側に引っ張りますので、

骨盤が下がります。

細かく話すと、もっと他の筋肉が関わってきますが、大きな枠でいうとこのような筋肉になります。

骨盤の前傾・後傾について

骨盤を前傾させてしまう筋肉は、大腿四頭筋、大腿筋膜張筋、脊柱起立筋など

後傾させてしまう筋肉は、ハムストリングス、腹直筋などです。

 

骨盤外の歪みを判断する方法

骨盤の挙上・下制

腸骨稜と言われる一般的な人がいう腰骨のところを触り、左右の高さが違うか判断します。

これで判断できます。

骨盤の前傾・後傾

上前腸骨棘と、恥骨結合が横から見て、地面に対して垂直にあるか。です。

これが、上前腸骨棘の方が前であれば、骨盤は前傾している。

逆に、恥骨結合の方が前であれば骨盤は後傾しているといえます。nutralposition

 

まとめ

ここまでお伝えしたのは、ほんの一部です。

見方を間違えると評価を変わりますので、できれば専門家に診てもらうことをお勧めします。

腰痛よ、サラバ!座ってできるストレッチ

lgf01a201407171900

 

 

 

デスクワークばかりで腰がつらい。

 

運動不足で身体が固まっている気がする。

 

電車で座っていても腰が重苦しく、そわそわしている。

 

 
こんなあなたにおすすめのストレッチがあるとしたら・・・。

しかも座りながらでも、できるとしたら・・・。

もしかしたら人生が変わるかもしれないですね!

健全な魂は健全な肉体に宿るともいいます。座っていられる時間が五分でもあればできてしまう腰のストレッチを紹介します。


そもそも座っているのに何故腰がつらいのか?

それは、正しく立ったり座ったりしている場合で比較すると、実は立っているよりも座っているほうが腰にかかる荷重が大きいからです。

 

一般的に、立っている時を1とすると、座っている姿勢はその1.4倍の荷重がかかっているといわれています。

 
さらに座ったまま前に屈むと、およそ1.8~1.9倍になります。これは立った状態で10kgの荷物を持ちながら腰を屈めたのと同じくらいの負荷量です。

 
そんな負荷をかけたまま長時間にわたり同じ姿勢でいるのだから、デスクワークの身体への負担は軽視できませんね。

 
なにげない動作が腰を痛めつけ、ひいては腰椎・骨盤や姿勢の歪みにつながっていきます。

小さな問題は、やがて大きな問題へと繋がっていくのです。

そういった元々の条件に加え、骨盤の位置が悪い、すなわち姿勢の悪さがあることが多いです。(猫背、反り腰など)

 


まずは座った姿勢の見直しをしましょう。

 

 

椅子が低すぎませんか?あるいは高すぎませんか?

 
背もたれに寄りかからないでも済む程度に深く腰かけます。この状態で膝が直角に曲がり、足の裏全体が床に自然に着くようなら、高さは大丈夫です。

 
ちなみに電車などでしばしば見かける、浅く腰かけて脚を大きく前へ投げ出す姿勢はリラックスしているように見えますが腰椎にとっては最悪です。

 
さあ、これで少なくとも姿勢を良い状態に保つ下準備はできました。

 


座ってできるストレッチ

 

まずは骨盤を軽く前後に交互にゆっくり倒しましょう。

kimg0161

前へ・・・

 

 

 

kimg0159

後ろへ・・・

 

 

このときのコツは軽くリラックスした状態で行うことです。

骨盤が後ろに傾くとそれに連動して背中が丸まり、骨盤が前に傾くと胸を張ったような姿勢に変化します。何回か行ったら中間の位置に戻ってきます。

 

kimg0158

 

 

 
続いて左右にも骨盤を揺らしてみます。

イメージとしては右のおしりに体重を乗せて、今度は左のおしりに体重を乗せる。これを交互に行います。コツとしては左右の肩はなるべく水平を保つことです。

kimg0163

kimg0162
最後に座っている椅子の反対側の背もたれにタッチします。身体をひねるストレッチです。

右手で背もたれの左側をタッチ。次に反対、左手で背もたれの右側をタッチ。

kimg0165

kimg0164

コツは腰をひねるのではなく、胸をひねるつもりで行いうことです。上体のひねりが腰にゆっくり伝わっていくイメージです。

 

実際に腰椎は解剖学上、ひねる構造にはなっていません。身体のひねりは胸椎と股関節で行われています。
上記3つのストレッチは、いずれも一定の(しかもおそらくは不良な)姿勢をとり続けて腰回りの筋肉が固まってしまっているのを伸ばす・ほぐすものです。腰・骨盤のリセットともいえます


注意点

勢いよくやらないこと。腰の筋肉を動かしますので、急激に行うとかえって悪化させる場合があります。ゆっくりリラックスしながら行いましょう。いずれも気持ちが良い範囲で行います。

 


まとめ

・座った姿勢は思っているほど腰に良くないこと
・その座った姿勢が崩れているならもっと悪いこと
・簡単なストレッチでも、腰回りの筋肉を一度リセットできること

 

座っている姿勢の見直し、リセットで快適な生活を送りましょう!