2017年 4月 の投稿一覧

ダイエットは食事で決まる

oyatsu-330x208

ダイエットは食事で決まる

今度こそは!!と自分に言い聞かせて、頑張っているのになかなか

ダイエットが上手くいかないあなた、こんなお考え・お悩みをお持ちでは

ありませんか?・・・

 

  • 週に2〜3回以上スポーツクラブに通っているのに痩せない
  • 野菜中心の食事にして、夜は食べないでいたら体調が悪くなってしまった
  • ダイエットの目的は体重を落とすことだと思っている
  • 痩せるには油はなるべく控えた方がいいと思っている
  • 糖質を食べると罪悪感に潰されそうになる

 

男女とはず、ダイエットについてはいろんな情報が飛び交っていますよね。

バナナダイエットがいい!とメディアで取り上げられたら、スーパーから

バナナが消え、トマトダイエットがいい!と聞けばトマトが消え。。。

 

今までに、いくつくらいのダイエット法が各メディアで取り上げられて

きたことでしょうか。数えたことがないのでわかりませんが100以上は

あることでしょう。

 

この現象が意味すること、それは私たち人間はいつまでも若々しく

美しくいたい、という願望を潜在的にもっているのだと私は考えています。

 

美しいのと汚いのを選べるのであれば、誰だって美しいほうがいいに

決まってます。笑

 

美しさに対しての意識が高い方のことを表現するときに「ナルシスト」という

言葉がよく使われるかと思いますが、なんとなくですがこの言葉を聞いて

多くの方がマイナスなイメージを持つのかな、と感じます。

 

個人的にですがこの言葉は、そこまでマイナスではないと考えています。

だって汚いより美しいほうがいいですよね??笑

 

恐らくマイナスなイメージを持たれてしまうのは、”魅せ方”にやや難あり、

ですかね。。

 

話が逸れましたが、どんな方法であれ、ダイエットを成功させるのに

最も重要なことは、”何を口にするか”でつまり食事です。

 

『えっ?でも有酸素運動をして脂肪を燃やすのがいいんじゃないですか?』

 

はい、確かにおっしゃる通りです。

 

脂肪燃焼の効率で考えれば、有酸素運動が良いです。

ただ運動で燃やす消費量は、意外にも大したことありません。

フルマラソンでも2500Kcalですので、おおよそ男性の1日分の

摂取カロリーくらいなものなんです。

 

ですから、運動だけでのダイエットはなかなか難しいのが現実でしょう。。

だから食事のコントロールが大切になってくるんです!

 

体は食べたもので作られている

突然ですが、クイズです。

 

Q.今のあなたの体は、何で作られていますか?

1、木 2、コンクリート 3、食べた物

 

正解は3番です。

 

つまんな〜い、と離脱しないでくださいね。笑

 

私たちの体は、食べた物から作られています。

食べた物から栄養を取り、それらが材料になって体は作られています。

 

この視点から見ると食事は、体の材料を調達することとも言えます。

 

食事=材料調達

 

「いやいや、食事は美味しいもの、好きなものを食べるのがいいでしょ!」

 

和・洋・仏・中など、様々な料理が世界中にはあって美味しいものは

沢山あります。一度きりの人生、好きなものを好きなだけ食べるのも

一つです。

 

では

Q.好きなものを食べたい時に食べるには何が必要ですか?

 

A.簡単です。元気な体ですよね!

 

では、Q.元気な体を作るものは何ですか?

 

A.”食べたもの” ですよね。

 

なんだか屁理屈を言ってるように聞こえる方もいらっしゃるかも

しれませんね。。わら

 

ですが私が思うのは、美味しいものを食べることに食事の魅力を

感じている方にとっても、やはり食事は材料調達という意識は当てはまる

と思っています。

 

もし不健康だったら、”お酒は控えてください”とか”甘いものは控えましょう”

とか”薄味にしましょう”など、結局いろんな制限がかかってきますよね。

 

なんだかんだで、着地点は同じだと私は考えています。

 

まとめ

ダイエットは、体重の増減だけではなく、なりたい体を目指すことが

一つのゴールですよね。つまりすごくシンプルに言えば体づくりです。

 

家を建てるのに、資材がないのでは家が立たない、、のと同じことで

材料調達である食事のコントロールなしに体は作れません、というのが

私の考えです。

 

いろんなダイエット法が次から次に出てきますが、人間の体の原理原則は

忘れないように、難しくなくシンプルになりたい体を目指しましょう。

 

体の原理原則に基づいて、なりたい体を目指したいあなたはこちら

朝トレーニングを効率的にしたいなら

lgf01a201501081200

某月某日。AM5:00。まだ辺りは薄暗く、道路の人や車の通りはほとんど見当たらない。ベッドから起き出して、トレーニングウェアに身を包む。準備運動を軽くこなし、誰もいない歩道を走り出す。吐く息がほのかに白く、澄んだ空気を肺に出し入れする感覚が心地よい。

 

朝ランニング、気持ちが良いですね。季節にもよりますが、やや涼しい季節だとまた特に気持ちよい。
ところで。
朝、起き出してから準備運動をしてすぐに走り出していませんか?

筋トレを始めていませんか?
そうだとすると心疾患等のリスクが上がることはもちろんのこと、トレーニングの効果をもムダにしているかもしれません。

せっかくのトレーニング。できるなら効率よく行いたいですね。

 

喉が渇いていない=水分量は充分?

 

早朝トレーニングにおいて注意が必要な点に「脱水」があります。

何を今さら、と思わずに考えていただきたいです。

喉が渇いていないから大丈夫だと思っていませんか?

そこに落とし穴があるのです。

睡眠中に呼吸や発汗などで人間は水分量をかなり失っています。起床直後は誰もが脱水状態だと考えておいたほうがベターです。

喉の渇きには個人差があるため、このままでトレーニングすると思わぬ所でトラブルに見舞われる可能性かあるのです。

脱水で血液の粘性が高まれば、心疾患のリスクは大きくなるのは誰もが理解できることと思います。それ以外にも脱水は筋力発揮を妨げるためパフォーマンスの低下や、そこから来る追い込み不足も否めません。

喉が渇いていなくとも必ずコップ一杯の水は取るようにしたほうが良いでしょう。もちろん運動中も20分おきくらいに軽く水分補給ができると良いと思います。

 

サプリメントで朝トレーニングの効果を増強する

 

朝、食事を摂らずに走り出したりトレーニングしたりしていませんか?

たしかに朝食前に体内のグリコーゲン量が少ない状態でトレーニングを行うと、脂肪を積極的に利用することになるため、効率良く体脂肪を減少させる利点があります。

と同時に、現在持っている筋肉を分解してエネルギー源とする、つまり筋量の減少も可能性として指摘されています。

とくに身体作りをしている人にはあってほしくない可能性です。

そこで運動前のプロテインやBCAA等のアミノ酸を、朝の水分補給と併せて摂取することをおすすめします。

カロリーオーバーや胃腸への負担を極力少なくした状態で、さらにカタボリック(筋肉の分解が進んでしまうこと)を防ぎ、効率良く身体作りを行うことができます。

まとめ

 

朝は喉が渇いていなくても脱水状態にあると考えよう

脱水状態でのトレーニングはパフォーマンスの低下と身体への負担が大きい

朝は水分だけでなくアミノ酸も補給したほうが、より効率良くトレーニングできる
せっかくトレーニングするんだったら、より効果的なほうが良いですよね。理想のコンディションを手に入れるためにがんばりましょう!

ダイエット、成功への鍵は筋トレ?

ID-100287536

ダイエット、成功への鍵は筋トレ?

 

人生の中で、ダイエットに挑戦したことはありますか?

 

と聞かれたら、多くの方が一度はチャレンジしたことがあると

おっしゃるにのではないでしょうか。

 

人を見た目だけで判断してはいけない。と幼い頃に教わりましたが

実際に大人なってみて、どうですか?結構見た目や第一印象って

大切だと感じることってありませんか?

 

私は職業柄、初対面の方とコミュニケーションをとらせていただく

ことが多くあるのですが、やはり第一印象って大切だと身をもって

日々感じています。

 

極端な例で言えば、体格のいい方で腰痛でお悩みの方がいるとします。

初めて行った鍼灸院の先生に『少し痩せると腰にもいいですよ』と

指導を受けたのですが、その先生がめちゃくちゃおデブさんでした。

 

・・・どうですか?

 

もし私なら、『お前が言うな!』です。わら

 

何が言いたいかというと、やはり見た目の印象が与える影響は大きい

いうことです。

 

本当のダイエットの捉え方

『ダイエットしなきゃ・・・。』

という気持ちって、どんな時になりますか?

 

いろいろお話をお伺いしていて私が感じているのは、多くの場合体重の変化

が気になって、始めたいとお考えになる場合が多いのかと思います。。

 

その他で言えば、鏡に映った姿を見てとか、着れていた服がきつく感じるとか

階段の上り下りで膝が痛く感じるようになったとか。

 

なぜダイエットをしようと思ったのか?=体重が増えたから

 

実はこのきっかけは、気にしすぎてしまうとせっかく始めたダイエットを

失敗に終わらせてしまう可能性大なんです。ダイエットをする上で、体重の

変化は最も重要な要素では実はないんです

 

では何を重要として取り組むべきなのか?

 

・・・それは筋肉量です。

 

なぜ筋肉量が重要かと言いますと、消費するカロリー量が筋肉量によって

変化するからなんです。

 

体の管理をする上で、よく「基礎代謝量」という数字が出てくると思います。

この数字は、私たちが命を落とさず生きていくのに最低限必要とされる

カロリー量のことです。

 

言い換えれば、黙っていても燃える1日のカロリー量です。そして、

この基礎代謝量のうちの40%が筋肉で消費することがわかっています。

40%ってなかなかのシェアですよね。

 

つまり、体重だけ見ていて減った・増えたと一喜一憂していると

年齢を重ねるとともに、だんだんと減りづらくなっていきます。

 

なぜか?

 

筋肉量は、何も対策なしでは年齢とともに少しずつ減っていく傾向に

あるからです。

 

筋肉量が減れば、基礎代謝量も少なくなり黙っていても消費するカロリー量が

減っていきます。なので、今までうまくいっていた調整方法がだんだんと

うまくいかなくなって、おかしいぞ・おかしい。。。と焦り出して

無理な食事制限など間違った方法に手を出してしまって、不健康に。。。という

ような負の連鎖が始まるのです。泣

 

この連鎖にならないためにも、最初からダイエットを体重だけで

捉えるのではなく、筋肉量からも見ていくように心がけましょう。

 

まとめ

体重計に乗る目的は、やはり”体重”を測ることになりますが

そこばかりに気を取られてしまうと、実はダイエットはうまくいかない

というお話をさせていただきました。

 

では最後に、ダイエットをしていてこんな時はどうすればいいの?

というケーススタディをしてみましょう。

 

ケース1

筋トレをしていますが、なかなか筋肉量が増えません。

どうしたらいいでしょうか?

 

アドバイス

まずチェックすることは、どんなトレーニングをしているか

という部分です。筋肉量を増やすことが目的であれば、面積が大きい筋肉

刺激が入る種目を選ぶことがお勧めです。

 

下半身、背中、胸、などがお勧めです。

 

あとは栄養面で、筋肉の材料となるたんぱく質がしっかり補給できているかを

チェックしましょう。筋肉量を増やすのであれば、目安の補給量は

 

あなたの体重(kg)×1、5

 

で出した数字を、グラムに変換した分のたんぱく質を摂ることが必要と

言われています。例えば体重50kgの人であれば

50×1、5なので75gのたんぱく質の補給が望ましいです。

 

ケース2

筋肉量はありますが痩せません。どうすればいいですか?

 

アドバイス

トレーニングも習慣的に行っていて、筋肉量があるのに

痩せない、というケースで多いのは、食事管理のミスが見られることが

多いように感じています。

 

例えば、痩せないからといって食事の回数、量を過度に減らして

いないか、糖質過多になっていないか、たんぱく質・脂質は足りているか

などを、まずはチェックしてみるといいでしょう。

 

お米やパンや麺など、いわゆる”主食”と言われる食品が、食事の中心になって

いる場合は、まずはこのすり込みを一新する頃から始めます。あとはダイエット

といえば、やたらと野菜中心の食生活にする傾向にあるすり込みも、この際

消してしまいましょう。難しく考えずにシンプルに考えて、野菜ばかり食べて

いて、肉の塊の私たち人間が健康になれるわけがないです。わら

 

健康的なダイエットに取り組む上で、主食を”主”とした食事をすることは

とても非効率です。エンゲル係数は上がりますが、たんぱく質中心の

食生活を心がけましょう。

 

様々な角度から健康的なダイエット・ボディメイクをサポートする

治療院はこちら

しなやかで力強いプレーの秘密

lgf01a201307180700

 

身体は細いのに、パワーがある。

スナップの効いた動作ができる。

いわゆるバネのある身体だ。

 

 
こういう人、いますよね。どれもが「しなやかで力強い」動きから連想されるスポーツ動作です。

もちろん日常にも応用は効かすことができます。ガチガチな身体では心まで固くなりやすく、緊張における心と身体の相関は皆さんも一度は実感された事があるのではないでしょうか。

その点バネのようなしなやかさ、滑らかさ、弾むような心と身体でいられたらきっと楽しいことでしょう。

今回は、しなやかで力強い動作の解明と獲得を望んでいるあなたへ向けたお話をさせて頂きます。

しなやかさとは何か?

ここに二人のテニス初心者がいたとします。習い始めた時期は同じで、体格も同じくらい。ではどちらが鋭くて返しにくい球を打てるでしょうか。あるいはボールにかじりつくでしょうか。

このような差違に、まさに「しなやかさ」が関係します。

同じような体格なのに、あの人のボールは鋭くて返しにくいんだ、となります。

 

筋力を使いきる事の得意・不得意

 

ではなぜ同じような体格なのにプレーに差違が、出るのでしょうか。それは神経系のトレーニングをどれだけできたかによると考えています。

ところでスポーツの競技力を上げるためのトレーニングには何があるでしょうか。

バーベル、ダンベルなどを用いたいわゆる筋トレ。ラダーなどを用いた俊敏性訓練など。しかし鍛えた力もプレー中に使いきれなければ意味がありませんよね。

しなやかで力強いプレーに大きく関係するのはプライオメトリクストレーニングだと考えています。

プライオメトリクストレーニングとは、予備伸張といって筋肉をあらかじめ伸ばしておき、そこから直ちに収縮させるトレーニングのことで、瞬間的に大きな力を発揮する能力を高めます。(しなやかで力強いプレーの獲得)

 

 

プライオメトリクスの原理

 

筋肉の持つ生理学的特性として筋肉をあらかじめ引き伸ばしておいてから、収縮させるとパワー発揮力が上がることは以前から分かっていました。

ここでポイントとなるのはこの「引き伸ばす」が単なるストレッチではない、ということです。

伸張性収縮といって、力を発揮しながら伸ばす運動です。坂道や階段の下りなど、ブレーキをかけながら動きをコントロールする際などに使われる筋肉の働きです。

ここで上手に伸張された筋肉は、直後の短縮性収縮でより大きなパワーを発揮できるというわけです。

プライオメトリクストレーニングを繰り返すことにより、この「伸張性収縮によるブレーキと、その直後に行われる短縮性収縮」への切り替えが上手く行われるようになるということです。

この場合の「上手く」というのは、最大限の力を発揮するポイントまで伸張をコントロールすること、ともいえます。これが神経系のトレーニングたる所以です。

 


 

ここで先ほどのテニスに戻ります。

グラウンドストロークプレーで左右に激しく揺さぶられた場合などでプライオメトリクス的な能力が低ければ、ついていくだけで精一杯です。

能力が高ければ、鋭い球を返せます。

また、スマッシュやサーブなども基本的には振り上げてから下ろす、つまり急減速と急加速ですので、プライオメトリクストレーニングは有効と考えられます。

 

プライオメトリクストレーニングを取り入れる際の注意点

 
見た目以上に身体や関節への負荷が大きいトレーニングです。基本的な筋力トレーニングと体力を作ってから、軽いプライオメトリクスを始めましょう。

まとめ

しなやかで力強い筋力発揮には伸張性収縮と短縮性収縮の切り替えが大切なこと

専用のトレーニングがその能力を引き伸ばす可能性が高いこと

プライオメトリクストレーニングを取り入れる際は基礎体力をつけてから。分からなければ専門家に聞くこと
スポーツを楽しむ皆さんには、総合力を高めてよりよい競技人生を送って頂きたいと思います。

余るほど 摂れるもんなら 摂ってみぃ〜 たんぱく質川柳

Woman eating chicken leg

余るほど 摂れるもんなら 摂ってみぃ〜 たんぱく質川柳

もしもあなたが・・・

 

  • 朝は食べない、昼はコンビニ弁当、夜は外食
  • 朝はシリアルとコーヒー、昼はサンドイッチとおにぎり、夜は野菜中心
  • 朝はトーストと野菜ジュース、昼は幕の内弁当、夜はお酒とおつまみ

このような食生活を送っているのであれば、私は3年後のあなたの体が心配です。

 

何故なら私たちの体は、食べたものから作られるからです。

 

3年後、と言いましたが早ければ数か月後くらいから何か不具合が出てくることも

あるかもしれません。

 

食事について、あなたはどんなふうにお考えでしょうか?

 

食事は、まずその時間としての価値が大きいですよね。家族や友達など

自分にとって、大切な人と一緒に過ごす時間になることが多いかと思います。

 

家なのか、外食なのか、一人なのか、複数なのか、いろんなシチュエーション

があるわけですが、こと何を食べようか?という話題になった場合にあなたは

何を基準にして選んでいますか?

 

何が食べたいか?という基準で決めていませんか。

つまり、好きか?嫌いか?で選んでいませんか〜ということです。

 

もしこの基準でいつも選んでいるとするならば、栄養のバランスが偏って

しまっている危険性大です。

 

特に一般的に”主食”と呼ばれる食べ物がお好きな方は、注意です。

 

今回このブログでは、現代の一般的な食生活を『楽しむ食事』というパラダイム

ではなく、『体のための栄養補給』という視点で見た時に、どんな特徴があると

言われているのかをシェアさせていただきたいと思います。

 

足りてないのよ日本人

まずは食事を『栄養補給』というパラダイムで見たときに、現代の日本人は

何が足りていないと言われているかというと「たんぱく質」と「ビタミン・

ミネラル」です。

 

今回は、重要度の高いたんぱく質についてお伝えします。

 

たんぱく質不足が原因かも・・・。

たんぱく質は、肉・魚・卵・チーズ・大豆製品などに豊富に含まれている

栄養素です。たんぱく質は英語でプロテインと言いますが、和訳すると『最も重要

な』とか『第一の物質』という意味を持っています。言葉自体は聞き覚えのある方

はたくさんいらっしゃるかと思いますが、このような意味を持つ事はあまり知られ

ていません。

 

言葉の意味だけではなく、たんぱく質は私たち人間にとって最も重要度の高い

栄養素です。人間の細胞のほとんどがたんぱく質を材料にして作られています。

 

皮膚、筋肉、爪、髪など全てたんぱく質が主成分となります。

 

・爪が割れやすい

・抜け毛が多い

・お肌のツヤやハリが無い

・筋トレしてるけど効果が出にくい

・むくみやすくなる

・貧血

・風邪をよく引く

・すぐ疲れる

 

このような症状は、たんぱく質不足で起こることがあります。これらを見ると

たんぱく質の大切さをわかっていただけるのではないでしょうか。

 

たんぱく質への疑問

ここでおそらくあなたは、疑問をお持ちになったかと思います。

 

疑問:同じたんぱく質でできている細胞が、なんで皮膚になったり筋肉になったり

するんだろう?

 

素晴らしい発想ですね!(自作自演 笑)

 

たんぱく質は、細くすると”アミノ酸”になります。

20種類のアミノ酸がいくつもいくつも連なった状態、それがたんぱく質です。

つまりアミノ酸の連なり方の違いによって、皮膚や筋肉、といった違う形の

たんぱく質になるんです。

 

多くの細胞の材料にとなるたんぱく質は、食事から補う分以外にも

体の中でリサイクルして使われる分もあります。(オートファジー

 

このリサイクルシステムは、年齢と共に弱まっていくことがわかっている

そうなので、やはり食事から補給することが大切になります。

 

ではどれくらい足りていないのか、と言う部分になりますが

ここに関しては普段の食生活に個人差があります。ですので、だいたいの目安を

お伝えしますので、あなた自身で振り返ってみてください。

 

目安とする、たんぱく質が豊富に含まれる食品は次の通りです。

※商品によって多少の違いがあります。また細かい数字は切り捨てしています。

納豆と卵以外は100g中のグラム数です。

 

・卵・・・1個7g

・納豆・・・1パック7g

・牛肉・・・20g

・牛乳・・・4g

・豆乳・・・4g

・鶏胸肉・・・22g

・豆腐・・・7g

 

ちなみに、

 

・白米、うどん・・・3g

・そば・・・4g

・食パン・・・8g

 

とこんな感じです。

 

これらの数字を踏まえて、普段の食生活の中で必要量摂れているか?という

見方をしていきます。

 

では、体の機能をいい状態に維持するためのたんぱく質の必要量をお伝えします。

 

ご自身の体重(kg)×1,5(g

 

体重60kgの方であれば、1日90gが必要量ということになります。

 

もしこの量を卵だけで摂ろうとした場合、1日に卵を13個食べれば

摂ることができます。

 

いかがですか?毎日の食生活を振り返ってみて

自信を持って『足りてます!!』と言えるでしょうか?

 

おそらく、ほとんどの方がとどいていない・・・とお感じになったかと

思います。そうなんです。足りていないです

 

まとめ

様々な体の不調は、普段の食生活から材料をしっかり補給してあげることで

よくなったりするケースは、実は珍しいことではありません。便利さを求め

すぎるがあまり、大切なことが少し霞んでしまっているのが現代の食習慣なのか

と個人的には感じています。

 

優秀な大工さんに家を建ててもらおうと依頼しても、材料が足りない状態では

大工さんも働きようがないですよね。

 

材料不足は少しの心がけから改善できます。

 

先程お伝えした様々な体の不具合

・爪が割れやすい

・抜け毛が多い

・お肌のツヤやハリが無い

・筋トレしてるけど効果が出にくい

・むくみやすくなる

・貧血

・風邪をよく引く

・すぐ疲れる

 

に心当たりがあるあなた、材料足りてますか??

 

栄養から健康を目指すあなたはこちら

腰痛に悩む前に

lgf01a201311290700

腰痛。

ある意味では人類の敵とも言えるこの症状、状況。

人間が二足歩行を始めた時からの付き合いとも云われる古くからの強敵です。

そんな腰痛ですから、内容もそれはそれは多岐にわたります。

敵もやるものだ、などと呑気に構えていられないのも腰痛を抱えた人の深くそして不快な悩みです。

今回はその腰痛を少しでも楽にするための、一つの可能性としてのストレッチをお伝えします。

先ほども述べた通り腰痛の原因は多種多様なため、全ての腰痛に効果的とは言えないですが、(全てに効果的な方法があれば私が知りたい)やってみる価値はあると思っています。

私も臨床での経験が10年を超えました。そういえばこういう腰痛の人が多い気がするなあ~といった経験則とも思い出とも言える、そんな累積データと知識による内容です。

 

とくにこんな腰痛のあなたに。

  1. 姿勢が悪い気がする
  2. ぎっくり腰、あるいはぎっくり腰に近い状態になったことがある
  3. 運動不足気味だ

 

さあ、いかがでしょうか。一つでも当てはまったのなら、ぜひやってみましょう。

 


 

ストレッチを始める前に確認です。

ストレッチはゆっくりと、穏やかな気持ちや環境で行います

周りが多少騒がしくとも、身体に意識を集中できる環境で行います。

一度に30~60秒をかけてゆっくりとストレッチし、痛みではなく気持ちよく伸びているなあ、というような感覚を頼りにして、決して無理をしてはいけません。

無理に行うと筋肉や靭帯を損傷する恐れがあります。

一ヶ所辺り2~3分を目安に行い、できるだけ毎日行います。

また、身体が暖まっている方が伸びやすいので、お風呂上がりなどに積極的に取り入れるようにしましょう。

 

ストレッチは三種類

 

経験的に、股関節が固くなっている人が多いです。

もちろん腰そのもの(胸椎、腰椎などの可動性を含む)が固くなっている場合も多いですが、とにかく股関節が固くなっている人が多いです。

姿勢が崩れた状態で長時間座っている、または立っている。

そうすると当然関係各所に影響が出ますね。専門的には運動連鎖と言いますが、身体のどこかの部分のアライメントが崩れていると、別の部分へと不良アライメントが波及していくという考えがあります。

例えば、膝の痛みを抱える人がやがて腰痛を訴え始めたり、逆に腰痛から膝の痛みという場合も大いにあります。

腰痛でいえば、まずは土台である股関節に悪い影響が出やすいともいえるわけです。もしくは股関節が固くて腰痛を引き起こしてるとも言えるわけです。

そのような理由から、まずは股関節のストレッチをしっかり行い、腰痛はどのように変化するかを見てみるのも良いと私は考えます。

結果的に良くなれば良いし、改善に乏しければ腰そのものや別の原因を考えてみれば良いのです。

 

まずはあおむけで片方ずつ膝を抱えるストレッチです。

 

とても有名で、学校の部活などでも積極的に取り入れられています。

しかし実は一つのコツを知っているだけで効果が倍増します

それは膝頭の向きです。

真っ直ぐ胸に引き付けているつもりでも、かなりバラバラな事が多いです。

とくに膝頭が外に向く人が多いです。今回はその膝頭を内側に向ける意識でストレッチします。

かなり股関節(臀部)にストレッチ感じが出るはずです。もちろん通常通りの、真っ直ぐ引き付けるものも行います。

これで二種類、股関節の後ろとそのやや外側のストレッチができました。

 

続いて股関節の前側です。

 

足を前後に開きます。前足は足の裏を着けておき、後ろ足は膝を着いておきます。筋トレでいうランジの姿勢に近いです。

そのまま前足方向に向かって体重をかけていくと、後ろ足側の股関節の前にストレッチ感が出てくるはずです。

 

 

これで股関節のストレッチは完成です。もちろん各個人において問題点は一様ではありませんので、完全だとはいえませんが、やってみる価値はあると思います。

 

まとめ

 

腰痛の原因は多種多様。

そのなかでは股関節の固さによる腰痛も多い。

まずは股関節のストレッチをやってみましょう。ここが柔らかくて損をすることはありません。

 

腰痛が少しでも改善したのなら、これに勝る喜びはありません。

山好き必見!登山後の腰痛対策とは?

image

山好き必見!登山後の腰痛対策とは?

「山ガール」という言葉が2010年の流行語大賞にノミネート

されたのを覚えている方はいらっしゃるでしょうか?

 

この時に山登りに行く女性が増えて、フォッションなども話題に

なりました。その時と比べれば数は落ち着いているかと思いますが

山登りは男女とはず、特に中高年には変わらない人気のレジャー

ではないかと思います。

 

幾つになっても、体を動かす習慣はある方がいいに決まっているの

ですが、何をやるか・どのくらいのレベルでやるか、によって

ケアが必要になってきます。

 

難易度の高い山にアタックするのであれば、それなりの装備と

フィジカルが必要になります。実際にチャレンジする時に受ける

体へのダメージも難易度が高ければそれだけ大きくなります。

 

つまり何が言いたいかというと、山登りを健康のために取り組んで

いらっしゃるのであれば、強度に気をつけてください。。という

ことです。

 

山登りに限ってのことではないですが、初めは体が動かせればいいや

くらいで始めたとしても、やりだすとハマってしまって夢中になって

もっともっと、となるケースは多く聞きます。

 

このような場合、夢中になればなるほど体への負荷は大きくなり

ケガのリスクはどうしても高くなっていきます。

 

つまり私がお伝えしたいことは、レベルの高いあなたには、それ相応

の体のケアをする必要があるということです。

 

ケアの方法は大きく分けて2種類あります。

1つは、信頼の置ける体のプロ(医師、治療家、トレーナーなど)

に定期的にケアを受ける方法です。

もう一つは、自分自身で行うセルケアという方法です。

 

どちらがいいかは、シチュエーションや人のタイプによって違いが

ありますので、ここで一概にいい悪いを決めることはできませんが

このブログでは、セルフケアの方法をご紹介していきます。

 

セルフケアその1

アイシング

山登りを体の動かし方という視点で見た場合、ごく単純な話ですが

登る、もしくは下る、という動作を繰り返していきます。

 

繰り返しが多いと、特定の場所に負荷が集中してかかり、痛くなったり熱を持ったりすることがあります。いわゆる炎症を起こします。

 

こうなった時に初期段階の処置として必要なことは、その炎症が

広がらないようにすることです。これには何と言ってもアイシングを

するのが一番です。

 

冷やすことで、血管が縮まって内出血などの腫れを抑えることが

できます。

 

アイシングの基本は、

・冷やす時間は20分前後。

・軽く圧迫をかける。

・なるべく患部を心臓の高さにしておく

 

この3つです。

 

セルフケアその2

お尻のストレッチ

登山において、繰り返しよく使われる部位に”お尻”があり

ます。お尻の筋肉は、主に股関節の動きに関わりますので登る下る

どちらにおいてもよく使います。

 

ですので、お尻のストレッチは山好きにとっては必須と言って

間違い無いでしょう。

 

セルフケアその3

太もも裏ストレッチ

お尻同様に山登りの動作で太ももの裏の筋肉(ハムストリング)は

繰り返しよく使われます。

 

これを知らずに放置していると、疲労がだんだんと蓄積して

やがて不具合を感じることになってしまうのです。

 

まとめ

野球のピッチャーが肩や肘を繰り返し酷使するように、山登りでも

繰り返し酷使する体の部位があります。

 

レベルの高いあなたは、それ相応のケアを取り入れる必要が

あります。もしあなたが、長く健康で山登りを楽しみたいと

お考えであれば、ぜひ今回ご紹介したことから始めてみては

いかがでしょうか?

 

詳しいやり方も指導する治療院をお探しならこちら

靴選びに迷っているあなたへ

lgf01a201310212100

靴は〇〇で選ぶべし!

 

スポーツショップが大好きです。

行くと気持ちが昂ってワクワクします。

新しいザックやバッグ、プロテインやサプリメントなどを必ずチェックしてしまいます。

職業柄というか、習性というか、あるいは趣味とも言えます。とにかく大好きなのです。

そんなスポーツショップのシューズコーナー。もちろんここも大好きなコーナーの一つです。

しかし他のコーナーを見ている時とは明らかに違うことがあります。

あることだけ見て回ります。

それは、踵(かかと)

踵の造りだけを見て回ります。

ウォーキング用、ランニング用、サッカー用、テニス用、バスケ用・・・。さらにはポジションによっても細分化されており、メーカーさんの起業努力が見て取れます。

しかし自分はそういう細分化と機能面はあまり見ません。ほとんど踵のチェックのみです。

それは何故でしょうか。

感覚的に言って、良い靴かどうかの8割は踵の造形で決まるからです。

「軽い」とか「グリップが良い」とかの機能面の前に、履く人のパフォーマンスを最大限に引き出し、なおかつ怪我の予防になるような靴がベストです。

言い換えれば、履くと能力が下がるような、「足を引っ張る」靴は論外なのです 。

ベストに出会えるかどうかは、大部分が踵の造形で決まると言っても良いくらいです。

今回は靴選びに迷っているあなたへ、一つの基準をお伝えしたいと思います。

 

 

価格が高いほど、期待できる?

 

 

価格帯は本当に様々です。

普通のスポーツショップにおいても、だいたい4000円~20000円くらいまでの物が置いてあることがほとんどです。

安いものはデザイン的にもやや地味な物が多く、高い物ほどデザインが凝っていて色使いにも「お金がかかっているなあ~」といった印象を受けることが多いです。

高い物ほど、付いているタグやシールが多くて、そのどれもが高機能を謳うものばかり。例えばショック吸収能力だったり、すり減りに強かったりグリップ力が高かったり。

ただし。どんなに高機能でも、その人に合っていなければ意味がありません。

そういう意味では、価格的に高いことと期待値が比例はしないのが現実です。しかし何も考えずに靴を買った場合には、高価格帯の中から選んだほうが当たりを引き当てる確率は高い気がします。そこはやはり価格なりといったところでしょうか。

 

ほとんど皆が経験している

 

さて、ここで人が歩くことについて考えてみましょう。

歩いた時に、最初の一歩を踏み出した事を想像してみて下さい。

どこの部位が最初に地面に着いたでしょうか。

そう。です。

スポーツなどにおける特殊なステップ動作を除き、ほとんどの動作で踵が最初の接地を果たす重要な意味を持ちます。

歩いていて地面がへこんでる事に気づかず足首がぐにゃりと捻挫してしまった経験を持つ人は多いと思います。

踵のホールドが強ければぐにゃりと行かなかったかもしれません。

 

では柔らかいほうが良い?固いほうが良い?

 

踵で選ぶといったものの、重要なのは踵の「地面と接する部分」ではありません

踵のホールド感で選びます。

そのホールド感を左右するのが、固さなのです。

踵の部分を左右から圧迫して潰れなければとりあえずOKです。

KIMG0284

(踵が固くてしっかりしている某メーカーのシューズ。写真ではかなり強く握っているが、まったく歪まない。しかし同社のシューズでも全て良い訳ではなく、物によっては踵が柔らかくてNGな物はある。 )

この能力を最大まで高めたのが登山靴です。しかし登山靴では重すぎるし足首の上までホールドされているので日常生活は送りにくく、ましてスポーツにはあまり向きませんね。

スニーカータイプで軽くて履きやすく、そして少しでも踵の固い靴を選ぶのが良いと思います。

 

まとめ

 

靴は価格が全て、ではないこと

〇〇用などに惑わされず、まずは踵で選ぶこと

踵のホールド感、そのための固さが大切なこと

 

いかがでしょうか?次に靴を買う時の一つの参考にして頂けたら幸いです。

パソコンの入ったカバンが腰痛の原因かもしれません

4b4e2869

パソコンの入った重いカバンが腰痛の原因かもしれません

腰痛になるようなことは何もしてないんだけどなぁ・・・。

 

とお悩みになっている30代で働き盛りのあなた。

なぜ腰痛になってしまったのか知りたいですか?

 

私の治療院の近所には、ビルがたくさん並んでいるようなオフィス街

があります。朝の7時〜8時の時間帯は、スーツを着た男女をたく

さんお見かけします。

 

その中で気になって観察するのは、姿勢だったり歩き方だったり

です。お尻が出張りすぎてる方を見れば、あぁ反り腰になって

しまって太ももの裏がつっぱったりしていそうだな〜とか、

 

重そうなカバンを持ち歩いている方を見れば、あぁ左右のバランスが

崩れて肩甲骨が硬くなっていそうだな〜とか。

 

内股で歩いている方を見れば、お尻の筋肉をうまく使えてないから

骨盤のまわりが不安定で、腰痛で悩んでいるんじゃないかな〜とか。

 

直接お聞きしたわけではないので、その方が腰痛でお悩みかは

わかりませんが、観察させていただくことでいろんな情報が

見えてきます。

 

あなたにとっての”普通”の日常

オフィス街で働く上で、マストなアイテムがあります。

それはやはりパソコンですよね。

 

あなたも普段からノートパソコンをカバンに入れて持ち運んで

使ってらっしゃるかと思います。

 

ちなみに私も普段は、カバンにパソコンを入れて持ち運んでいますが

パソコンが入ってくるとカバンってまあまあ重くなりますよね。。。

 

一度や二度、パソコンの入った重いカバンを持ったからといって

何か大きなダメージを受けるわけではないですが、毎日毎日ですと

どうなると思いますか?

 

人間の体は、疲労と回復の繰り返し

私たちは毎日の日常生活の中で、家事をしたり仕事をしたり

体をつかって生活しています。

 

この時、使えば使った分だけ体は疲労していきます。

 

私たち人間には疲労に対抗する素晴らしい機能が備わっています。

回復です。この機能は、特別な病気を患っていない限り全員に

標準装備される機能です。人間って素晴らしいです!

 

回復する機能があるのに、なぜ腰痛になったりならなかったり

するのでしょうか?

 

細かいことを取っ払って簡単にお話ししますと、私たちは

毎日”疲労”と”回復”を繰り返して生活しています。

 

例えば、今日1日で”5”の疲労をしたとします。

栄養のバランスが考えられた食事と、十分な睡眠により

”5”回復しました。

 

このような場合は、5と5なので±0となり、疲れもせず

調子が上がることもない現状維持となります。

 

このようにはっきりとした数字に表すことは現実的には

むづかしいですが、今お話ししたようなことが体の中で

起っています。

 

この疲労と回復の関係が、大きく変わらなければ体調を崩す

ことは基本的にはありません。しかし先ほどもお伝えしましたが

疲労と回復は見に見えるものでもないので、知らず知らず偏って

しまうことがあります。

 

そして、疲労の方に偏った生活を過ごしていると、何かしらの不具合

(症状)を自覚するようになるのです。

 

それが腰痛なのか、はたまた肩こりなのか、腹痛なのかは

毎日の生活習慣など、繰り返し使う体の部分でほぼ決まってくると

私は考えています。

 

まとめ

今回のお話は、パソコンの入ったカバンが腰痛の原因に・・・

というタイトルでスタートして、着地点としては繰り返す動作と

いうのは、自分にとっては当たり前でも体にとっては一定の負荷

の蓄積となり、知らん間に不具合を起こす原因になりますよー

気をつけてましょう〜30代〜というお話しでした。

 

患者さんとお話しさせていただいている中でこんなことを

おっしゃっていた方がいらっしゃいました。

 

「健康であることって大変なんですね」

 

この言葉には、今回お話しさせていただいた”知らん間に不具合を

起こす原因を作っている”ということに気づいて、今まで当たり前

だったことを意識して作ろうとすると、意外に大変だ・・・という

切実な気持ちがこもっていると私は感じました。

 

これからの時代は100歳まで生きるのが当たり前になる、という

話をしている方もいらっしゃいます。

 

どうせなら、元気に100歳までの人生を送りたいですよね!

 

健康寿命を考える生活習慣、30代から始めましょう!!

 

腰痛のない生活習慣を手にしたいあなたはこちら